文化イベント文化イベント

文化イベント詳細

新館開館30周年記念特別展「仙叟宗室・大樋焼・寒雉釜 金沢の茶の湯 」

茶道具と工芸の美術館を標榜する中村記念美術館は、2019年に新館開館30周年を迎えます。開館30周年を記念して、現在の金沢の茶道文化はどのように形成されたのかについて、金沢で茶の湯が広まりはじめた江戸初期17世紀から現在までを、茶道具を通して俯瞰し、 金沢の茶の湯を理解できる展覧会を開催します。

加賀藩の御茶堂として、隠居後の三代前田利常と、五代綱紀に仕えた仙叟宗室。40年を越える金沢との関わりの中で、大樋長左衛門と宮﨑寒雉を指導して茶道具作らせ、現在まで脈々と続く金沢の茶道の礎となりました。本展覧会では、大樋焼と寒雉釜の草創期から現在までの作品を軸に、仙叟が加賀藩に仕官するにあたって尽力した父宗旦や、仙叟と同じく前田家に茶を指導した小堀遠州や金森宗和、また加賀藩に召し抱えられた五十嵐道甫や清水九兵衛らの蒔絵師や本阿弥光悦、光甫に関する作品、そして前田家に伝来した茶道具を展示します。
本展覧会は、金沢市と大樋美術館と共催で開催します。

日時

令和元年8月31日(土)~10月20日(日)9:30~17:00(展示室への入室は16:30まで)

場所

金沢市立中村記念美術館

料金

観覧料金のみ

お問い合わせ

金沢市立中村記念美術館(金沢市本多町3-2-29)
TEL:(076)221-0751
FAX:(076)221-0753

リンク

文化活動支援事業対象 有無

戻る