文化イベント文化イベント

文化イベント詳細

初代大樋長左衛門の足跡 ほか

開館は1990年秋。大樋長左衛門窯の敷地内に位置する。初代長左衛門から現代にいたるまでの大樋焼作品並びに、加賀藩に縁の深い茶道具類を展示している。現在の館長は十一代大樋長左衛門。常設展示を行う3つの展示室を擁し、第一室では、初代長左衛門と裏千家四世仙叟宗室の作品を、第二室では、大樋焼歴代の作品を、第三室では、大樋家と関わった文化人や芸術家などが残していった作品や資料を公開している。その他、時期に応じて陶磁芸術に関する特別展を開催している。美術館の外壁は、十代長左衛門作(陶冶斎)の陶壁。 前庭「風庭」は勅使河原宏の監修。
また、ミシュランガイドでは個人美術館では例のない「一つ星」の認定を受けている。

350年の歴史をもつ大樋焼はロクロを一切使わず、手で捻り、飴釉を特徴としています。
現当主の十一代大樋長左衛門、そして文化勲章受章者・文化功労者・日本芸術院会員の大樋陶冶斎は伝統と現代を融合させ、
ともに新しい大樋焼を提案しています。

日時

令和元年9月1日(日)~令和2年3月末 9:00~17:00(展示室への入室は16:30まで)

場所

大樋美術館

料金

入館料のみ

お問い合わせ

大樋美術館
TEL:076-221-2397
FAX:076-221-2123

リンク

文化活動支援事業対象 有無

戻る