文化イベント文化イベント

文化イベント詳細

春の企画展 平成をうつす —未来にうけつぐ言葉と本と物語―

 「平成」とは、どんな時代だったのでしょうか?「平成」は、わたしたちに何を残したのでしょうか?
 わたしたちを取り巻く世界の流れは、時代とともに音をたてるかのようにスピードを増しています。昨日、話題になったことは明日には忘れ去られ、「真実」が日々更新、消費されていっています。
 元号が令和に変わろうとしている今、リアルタイムのニュースでは掬い取れなかった人々の心を「言葉」や「本」、「物語」といった創作によって振り返る企画展を開催します。忘れかけていたこと、知らなかったこと、いつまでも覚えていたいことを改めて感じる展示としたいと思います。
 また、今回は時代の節目ということもあり、当館が開館以来掲げてきた「石川の文学」の顕彰はもちろん、大きな意味で世相をうつした文学や事柄・物をわかり易く紹介できる企画展とするため、県内在住の大衆文化研究家・本谷文雄氏の収集資料より平静の事象をうつす品々を展示します。

日時

2019年4月20日(土)~2019年6月23日(日)

場所

石川近代文学館 企画展示室1・2・3

料金

一般:360円、大学生:290円、高校生以下:無料
※団体料金設定あり

関連イベント

朗読会(申込不要・入場無料)
6月15日(土)14:00~15:00
「神様」、そして、「神様2011」 作:川上弘美
朗読:松岡理恵(フリーアナウンサー)、吉村雅弘(劇団夢宇人)
演出:西本浩明(演芸列車「東西本線」)   

お問い合わせ

公益財団法人 石川近代文学館

〒920-0962 金沢市広坂2-2-5 石川四高記念文化交流館内

TEL 076-262-5464

添付ファイル

リンク

戻る